ダブル洗顔不要って本当?時短につながるクレンジングの選び方

メイクをした日は、「ダブル洗顔」がマストだと思っていませんか? 実は、ダブル洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の負担になる可能性があります。それなら、できる限り避けたいですよね。
そこでおすすめなのが、一度でメイク落としも洗顔もできる 「ダブル洗顔不要」のクレンジング!これなら肌に負担がかからず、時短にもなります。 この記事では、ダブル洗顔不要のクレンジングについて、詳しく解説していきます!


そもそもダブル洗顔とは?

メイクした顔のあらゆる汚れを落とすためには、まずメイクの成分を落とす必要があります。油分や色素などのメイク汚れは、オイルやジェル、あるいはシートタイプのクレンジング(メイク落とし)で落とすのが一般的です。その後に、洗顔料を使って肌自体の汚れや古い角質を洗い流します。 このように、クレンジングと洗顔料を使い分けて2回洗う方法が「ダブル洗顔」です。

ダブル洗顔は本当に必要?

メイクをしている人の多くが行っている「ダブル洗顔」ですが、必ずしも必要とは言えません。実際は、メイク方法や肌質によってケースバイケースです。

1 クレンジングの選び方がまずは大切

最近では、洗い過ぎが肌荒れの原因のひとつとなることが知られるようになりました。 洗い過ぎると、肌を守るために必要な油分まで奪ってしまう可能性があるからです。 そのため「ダブル洗顔はしない方がいい」という考え方も広まりつつあります。 とはいえ、メイクの洗い残しは肌トラブルの原因になります。きちんとメイクを落とすためには、クレンジングの選び方がとても大切です。


2 メイク・肌質によっては、ダブル洗顔が必要なときも

「しっかりメイク」の人や、一度洗いではべたつきが気になる「脂性肌」タイプの人はダブル洗顔が必要です。いくら洗顔から受ける肌ダメージが不安だからといって、メイク汚れや皮脂汚れを十分に落とさないのは、かえって肌荒れやニキビなどのトラブルを引き起こすことになります。 メイクが濃い人や脂性肌を自覚している人は、クレンジングと洗顔料を使った「ダブル洗顔」で汚れを落とした方が良い場合もあります。

「時短」になる!ダブル洗顔不要のクレンジングとは?

ダブル洗顔が肌に負担をかけることを知ると「しっかりメイク派だけど、できればダブル洗顔したくない」と思いますよね。 そこでおすすめなのが、「ダブル洗顔不要」を謳うクレンジングです。これなら、本来クレンジングで落とすしっかりメイクも、洗顔料で洗い流している皮脂の汚れも、一度の洗顔だけで落とすことができます。そのため、肌の負担を減らせるだけではなく、洗顔にかかる時間も短くできるんです。

1.ダブル洗顔不要クレンジングのメリットとデメリット

肌に優しくて時短にもなるなら、今すぐにでもダブル洗顔不要のクレンジングにきり換えたいですよね。けれども、「本当にこれだけで大丈夫なの?」と思っている方もいるのではないでしょうか。 ダブル洗顔不要のクレンジングのメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

【メリット】

  • 洗顔の時短を実現できる
  • 肌にやさしい

【デメリット】

  • 商品によってはダブル洗顔に比べてさっぱり感がない
  • 濃いメイクが落としきれない場合もある

疲れ切って帰ってくると、クレンジングして洗顔して…なんて面倒くさい!となる人は多いでしょう。けれども、ダブル洗顔不要のクレンジングを使えば一度の洗顔で済みます。洗顔をサッと終わらせて、すぐ化粧水など次のステップに進めるのも嬉しいところです。 また、メイクをしていても1回の洗顔で済むので、ダブル洗顔よりも肌への負担を軽減できるのもポイントです。 一方、水性と油性の汚れを同時に落とすように作られているため、商品によっては洗い上がりがダブル洗顔と比べてさっぱりしないと感じることがあります。 また、洗浄力が弱い商品の場合、濃いメイクの場合は十分に落としきれない可能性もあります。 ダブル洗顔不要のクレンジングを選ぶ際は、口コミなどの情報を参考に、洗い上がりが好みのもの、しっかりメイクが落とせると人気のものをきちんと選ぶ必要があります。


2.こんな人にはダブル洗顔不要のクレンジングがおすすめ!

ダブル洗顔不要クレンジングの使用をおすすめしたいタイプは、洗顔の後に肌がつっぱるなどの乾燥等を感じている方、肌への負担を抑えたい方です。 また、しっかりメイクをしたいけど、ダブル洗顔による皮脂の取り過ぎは避けたい方も、試してみることをおすすめします。 ダブル洗顔不要のクレンジングなら、洗顔時間の短縮にもなり、使用するアイテムによってはクレンジングと洗顔料の両方を購入する必要がないのでコスパも良いです。手軽にできる肌にやさしい洗顔を目指す人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「ダブル洗顔不要」のクレンジング【タイプ別特徴】

ダブル洗顔不要のクレンジングには、オイルタイプやゲルタイプなど、さまざまな商品が存在します。それぞれ特徴や使用感が異なるので、自分の肌にもっとも合うタイプを選ぶようにしましょう。

オイルタイプ

オイルタイプは、洗浄力が高い商品が多く、汚れをしっかり落としたい人によく使われています。 天然成分や美容オイルが配合された商品もあり、種類も豊富です。質によっては乾燥を感じることもあります。


ミルクタイプ

クレンジングミルクには、ふき取りタイプの商品もあり、また、低刺激を特徴とするものも多いです。ミルクタイプのテクスチャーで優しくメイクが落とせます。 けれども、他タイプの商品と比べてメイク落ちが弱い商品も多いため、濃いメイクの人にはあまり向いていません。


リキッドタイプ

オイルよりサラッとしたテクスチャーが特徴のリキッドタイプ。洗い上がりをスッキリさせたい人におすすめです。


バームタイプ

固めのテクスチャーで、肌にのせるとオイル状になるクレンジング。肌あたりがソフトなため、マッサージをしながらのメイクオフに向いています。保湿効果が高いのも特徴です。。


ゲルタイプ

ゲルタイプは、肌への優しさとしっかりとしたメイクオフを両立できます。配合された成分の特徴によって、毛穴汚れまで落としてくれたり、美容効果が高かったりと、商品によって特化した効果を持ちます。

〈ホットクレンジングゲル マッサージプラス〉なら、肌もうるおって毛穴もすっきり!

ここで、ダブル洗顔不要のおすすめクレンジングを紹介します。 それは 累計販売数1,000万本超えの 〈ホットクレンジングゲル マッサージプラス〉 です! 〈ホットクレンジングゲル マッサージプラス〉には、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドやスクワランなどの豊富な保湿成分、さらに、ハイドロキノン誘導体やチャ葉エキスなどのツヤ肌へ導く美容成分も配合されています。言ってみれば 美容液で洗顔をするようなものです。 また、着色料・鉱物油・合成香料・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤という、肌に悪影響があるとされる7つの成分は無添加。敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えます。 さらに、吸着力のあるゲルが毛穴の奥の汚れまですっきり落としてくれるので、洗い残しの心配もなく、同時に毛穴ケアをすることも可能です! 肌に優しい洗顔がしたいけれど、毛穴の黒ずみも気になる…という人にぜひ使ってみていただきたい商品です。

記事の編集者大野 藍
美容・健康業界歴約10年。MANARAのBeautyWEB担当。
MANARAと製品との出会いで、「今まで悩んでいたことが解消した!」という方が1人でも増えるように日々奮闘中。
少しでもお役に立てる情報をわかりやすくがモットーです。

・コスメコンシェルジュ®(日本化粧品検定®1級)
・アロマテラピー検定1級
・健康食品コーディネーター1級

関連記事